BuzzVideo(旧TopBuzz)の新規アカウントが収益化出来ない原因と収益化の方法

タツヤです。
10月21日に新規アカウントの収益化に動きがありました。

最近GIF化も話題になりましたが、かなり大幅な仕様変更が繰り返されていますね。

 

GIFについては原因も分かりますし、対策も簡単でしたが今回の仕様変更へちょっと厄介な気もします。

今回は10月21日に行われた新規アカウントの収益化についての変更点について書いていきます。

今回の収益化についての変更点

10月21日以降、新しく作ったアカウントの収益情報欄に下記の情報が入っていました。

Welcome to TopBuzz, a fast-growing content creation platform! Start creating by using our Content Sync feature or simply click ‘New Post’. Please note: You will be able to apply for monetization on Feature page once you account reaches 100 followers or 5000 views. Please keep up the good work. Got a question? Contact us via feedback

新規アカウントは、100人のフォロワーか、5000再生されるまで収益化出来ないということのようです。

YouTubeも今年からチャンネル登録1000人、総再生時間○○時間以上になって、かつ審査に通らないと収益化出来なくなり挫折した人が多いです。

これだと新規の参入者が減ったり、中々稼げなかった人は離れていくでしょうね。

 

私の見解

個人的には今回の仕様変更は賛成7割という感じです。

賛成の理由は、YouTubeでも新規参入の障壁が高くなったおかげでライバルが減り、真っ当にやっている人が稼ぎやすくなったからです。

YouTubeは審査も厳しくなった結果、クオリティの高い動画が増えましたよね。

 

今回のバズビデオの場合、条件を満たせば良いだけなので、比較的簡単に収益化できます。

転載で1日に数百本の動画を投稿する人には5000再生は全然障壁にならないでしょう。

投稿者としては、真っ当にやっても5000再生は難しくない条件だと思います。

 

ただ、今後アカウントの量産は厳しくなるかも知れません。

1人でツールや外注さんを使って何百ものアカウントを運用しているという話も聞くので、今回の対応でそういう人は弾き出されるかも知れません。

アカウント量産が厳しくなり、こういう人が弾き出されるのは良い方向だと思います。

 

賛成出来ない点は、現在の一番の問題点に直接影響しないからです。

 

現在のバズビデオの一番の問題点は、参入者が多い事ではなく、転載で稼いでいる人があまりに多い事だと思います。

バズビデオアプリを見ていると、殆どが転載です。

クオリティも低いですし、同じ動画がいくつも表示されるのでユーザーとしては「またこの動画?」となりガッカリですよね。

 

自分がオリジナルで投稿した動画もBuzzると直ぐに転載されてしまうのでクリエイターも嫌になってしまいます。

 

YouTubeの成功例を見れば、転載などの不正が減ると

 

転載で稼いでいる人が減る

真っ当にやっている人が稼ぎやすくやる

稼いだお金で投資をして、動画のクオリティが上がる

バズビデオの視聴者が喜ぶ

という好循環が出来ると思うのですが、今回の仕様変更では転載で稼いでいる人が減るとは思いません。

むしろ転載で毎日何百本も出している人の方がすぐに5000再生されて稼ぎやすいかも知れません。

 

YouTubeの真似をしただけな気もするので、今後に期待ですね。

今回の仕様変更への対策

今のところまだ検証中ではありますが、フォロワーや再生数の条件を満たさなくても、収益化出来る方法がありそうです。

 

 

その方法は、、、
LINEでお伝えしますね。

 

裏技的な方法ですので、いつまで可能か分かりません。

ブログだと仕様変更で収益化出来なくなってもブログの修正が遅れる(忘れる)と、ご迷惑をかけてしまうかも知れませんので、LINEでお問い合わせください。

 

友だち追加後にメッセージをお願いします。

スマホの方はこちらをクリックしてください
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA