【セクハラ機構】クールジャパン機構でセクハラ?役員のプロフィールを調査

官民ファンドの「クールジャパン機構」で複数の女性社員が男性役員からのセクハラ被害を訴えられているそうです。

官民一体となってやる大きな事業ですので、官庁とも繋がりのある大企業から役員となっていそうなきがしますね。

今回は「クールジャパン機構」の役員構成や役員のプロフィールなどを調べてみました。

スポンサーリンク

ニュースの詳細

アニメや日本食などを海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」で、複数の女性社員が男性役員2人からのセクハラ被害を訴えていることがわかった。

「当たり!ワインディナー」「ハズレ!罰ゲーム」などと書かれた手書きのくじ。去年7月、クールジャパン機構の専務取締役が、懇親会と称してカラオケ店に呼び出した女性社員4人に引かせたもの。

関係者によると、4人は後日、この役員からくじの内容を実行するよう要求されたという。また、このうち2人は、2015年の夏にも、当時、専務執行役員だった別の男性から歓迎会の2次会で太ももを触られたり、肩に手を回されたりしたと主張していて、こうした被害を会社のセクハラ相談窓口に訴え出たという。

日本テレビの取材に対してクールジャパン機構は、「個別の事案に関する質問には一切答えない」と回答している。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170704-00000072-nnn-soci

クールジャパン機構って何?

ニュース記事にもあるとおり、日本のアニメや日本食、ファッションなどを外国に売り込む企業に対して投資をする団体だそうです。

日本や日本の文化や商品をアピール出来れば海外からの観光客や輸出も増えることが期待できます。

韓国のK-POPや数年前に世界的に大流行した「江南スタイル」なんかは国が積極的に売り込みをしたことで大成功した(YouTube再生数の操作もあった?)という噂もありましたよね。

ああいうことを推進するために、官民一体となってお金の面で支援するということなのでしょう。

実際に投資をした例は

などがあるそうです。

クールジャパン機構のホームページには23の投資案件が紹介されています。

クールジャパン機構の役員構成とプロフィール

クールジャパン機構の役員の名前はクールジャパン機構のホームページに記載されていました。

代表取締役会長 飯島一暢

代表取締役社長 太田伸之

専務取締役 小倉治

専務執行役員 若井英二

専務執行役員 池田潤

執行役員 杉内信夫

執行役員 橋本泰

代表取締役会長 飯島一暢氏

代表取締役会長の飯島一暢は元フジ・メディア・ホールディングスの常務取締役だということですので、フジテレビ系列の会社にいたようです。

代表取締役社長 太田伸之氏

三重県桑名市出身。

バーニーズニューヨークのコーディネーターやイッセイミヤケの代表取締役社長を務めたこともある人物だそうです。

「クールジャパンとは何か」(ディスカヴァー21、2014年)という本も出版しています。

専務取締役 小倉治

1957年4月27日生。

株式会社みずほコーポレート銀行の米州業務管理部次長などを務めた人物なようです。

ファンドなのでお金の管理や投資に関する審査などを担当しているのでしょうか。

専務執行役員 若井英二

東京大学法学部を卒業後、通商産業省に入省。

中国経済産業局長、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長等を歴任した人物だそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さしこ より:

    専務が邪魔だから手を汚さずまた消そうとした影の仕掛け人

    クールジャパン機構 執行役員 杉内 信夫 氏

    90年代後半より外資系投資会社等において不動産、事業会社、アジア成長企業などへの幅広い投資活動に従事。
    投資業界参画以前は、東芝、ボストンコンサルティンググループにて勤務。2014年7月より現職。京都大学大学院修了。

  2. 公務員 より:

    セクハラ問題で揺れる官民ファンド「クールジャパン機構」が、
    先月6月に10億円の出資を決定した米国のベンチャーキャピタル
    「500 Startups」も、セクハラ経営でゼネラル・パートナーが辞任!

     このような外資に対し、国民の血税を出資するべきなのか?
     本当にそれが適当なのか? 強い疑義がある!

    即刻、出資の決定を撤回するべきだ!

     それともセクハラ繋がりが、出資の決め手なのか?

    CJF出資
    https://www.cj-fund.co.jp/files/press_170615-1.pdf

    米国のベンチャーキャピタル「500 Startups」
    http://jp.techcrunch.com/contributor/jonathan-shieber/