FX

実際に使ってみたおすすめのVPSはこれだ!FX自動売買ツールに最適

FXの自動売買ツールをいろいろな方に使って頂いていて、大変好評頂いています。

無料ツールでこれほどまで安定して利益が出るシステムは他に無いので、長期で使っている方も多くいらっしゃいます。

自動売買ツールを長く使っていると、自分のパソコンを1台専有してしまうことに窮屈感を覚えてしまう方もいて、そういう方から相談されると私はVPSをおすすめしています。

VPSについて調べてみると、”高い””知識が必要”などと初心者にはなかなか手を出しにくいような説明が多いのですが、個人的には簡単でしたし、私が紹介した人もパソコンの知識なくても初期設定できています。

今回はVPSについて詳しく解説し、設置の方法までご紹介致します。


VPSとは何なのか?

VPSとは、Virtual Private Server(バーチャルプライベートサーバー)の略で、仮想専用サーバーとも呼ばれます。

インターネット上のパソコンを自分のパソコンのように使う事が出来るサービスで、かんたんに言うと小さなパソコンを借りるようなイメージで考えて頂ければ大丈夫です。

月額1000円程度~でパソコンが借りられるので、新しくパソコンを購入するよりも安価にFX環境を造る事ができます。

VPSがおすすめな人

私がVPSをオススメするのは、

①複数のFXツールを運用している
②自宅のインターネット回線が遅い
③パソコンのスペックが低い人
④安くて安定したFX環境を作りたい
⑤外出中でもツールの状況を確認したい

上記が一つでも当てはまる方にはオススメしています。

以前はパソコンやサーバーの知識がないとVPSを使うのは難しかったのですが、最近はFX専用VPSなども出てきて初期設定なども簡単になってきています。

なので、基本的には殆どの方にVPSはオススメです。

VPSのメリット・デメリット

VPSのメリット

VPSのメリットは

①高性能のサーバー(パソコン)を安価で利用できる
自動売買ツールは24時間電源を入れっぱなしにする必要があるので、ある程度高性能のパソコンが必要となります。パソコンを新規で購入すると10万円程度かかりますが、VPSだと1000円程度/月~利用出来ます。

②パソコン以上の安定性
個人のパソコンで24時間電源を入れっぱなしにしていても、パソコンがフリーズしてしまって再起動が必要になったり、ブレーカーが落ちたり、ペットが電源オフしてしまったりetc色々な要因で不本意ながら電源が切れてしまう事があります。

再起動までたった1分程度だとしても、トレードのタイミングを逃してしまうと大きな損失を被ってしまうかもしれません。

VPSだと会社によっては稼働率99.99%以上と安定して稼働させる事も可能です。

③使い方が簡単(FX専用VPSの場合)
FX専用VPSの場合、FXの自動売買ツールへの対応もしているので、初期設定やその後の運用もとても簡単スムーズです。

などが私が感じるメリットです。

その他にも

・家族にバレないようにFXを運用できる
・スマホしかなくてもFXを運用できる
・外出中でもFXを運用できる

なども人によっては大きなメリットになってくると思います。

VPSのデメリット

VPSのデメリットは

①費用がかかる
ご自身でFX専用の高性能パソコンを持っていて、インターネット回線にも余裕があり、非常用電源なども用意している人であれば、追加の費用が必要になるので不要だとは思います。

ただ、そんな人は殆どいないと思うので必要経費だと思いましょう。
費用は安いのでFXで勝てば十分元を取ることができます。

②初期設定が大変
一般的なVPSではFX以外の利用者にも対応しているため、FX用の環境を整えるための初期設定が必要になってきます。

VPSについて検索すると多くのサイトが

サーバーの知識が必要

と書いていて、パソコン知識に不安がある人には不安になるかも知れません。

ですが、現在はFX専用VPSがあるので特に知識がなくても初期設定が可能です。ご安心ください

VPS選びのポイントと各社比較

FX自動売買ツールを利用する人がVPSを選ぶ時に大事にするべきポイントは

①安定性
②費用
③初期設定の簡単さ

VPSで有名なサービスをいくつか比較してみました。

安定性 費用 初期設定
お名前.com FX専用VPS 1630円/月
さくらのVPS 1780円/月 ×
ConoHa VPS 1650円/月 ×
WebARENA VPS 2880円/月 ×
使えるねっとFX専用VPS 2980円/月

※なるべく同じスペック(メモリ2GB、CPU3コア、記憶容量100GB以上)での費用を比較しています。

スペックは同じで安定性についてはどのサービスも大きく変わりません。

となると、費用と初期設定で比較することになります。

上の表をみて頂くとFX専用VPSの2つ以外は初期設定が”×”となっていますが、その理由はVPSのOSがWindows系OSではないという事が理由です。

また、各会社が提供しているアプリを確認してもXMなどのFXツールがサポートしていなかったので初期設定にサーバーの知識が必要となります。

かなり設定が難しく、初期設定が終わってもその後の使い方も覚える必要があるのでかなり勉強する必要があります。

有名なVPS、FX専用VPSを比較した結果、私は価格.comのFX専用VPSを利用していますし、自動売買ツール利用者にもオススメしています。

FX専用VPSの詳細はこちら↓↓↓

表では比較のために2GBでの価格でしたが1.5GBプランもあります。

今ならキャンペーンも行われているので大変オトクです!!!

FX専用VPSがおすすめな理由まとめ

私がVPSを契約したときにも色々と比較した結果価格.comのFX専用VPSにしましたが、今調べても同じ結果になりましたね。

価格.comのFX専用VPS一択で良いと思います。

価格.comのFX専用VPS契約の流れや初期設定(設置方法)も詳しく解説していますので、よかったらそちらもご覧ください。

 

 

 

【LINE@友だち追加で FX自動売買システム(EA) プレゼント中】